業務用製品の魅力
さまざまな業界の新製品情報を紹介していきます。特に業務用の家電がメインです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大和冷機工業の冷蔵庫。計画停電時の対応を紹介。
ついこの間まで暑くて、いつ計画停電がスタートするかと思いましたが、結局実施はされませんでしたね。

大和冷機から、計画停電になった時の冷凍冷蔵機器に関する注意点を見つけたので
紹介します。

●扉の開閉を少なく
●停電後は庫内温度が上昇するので、凍結済みの畜冷剤や保冷剤を前もって準備しておくとよい。
●旧製品については、電源のOFFにより設定温度が初期値に戻る可能性があるので、停電前に設定温度を記録し、復帰後に再度ご確認をお願い致します。
●ネタケース、カウンターショーケースは温度が上昇しやすいため、停電前に庫内内容物の移動をお願い致します。
●電源投入後は冷却に約1時間程度かかりますのでご注意の上、食材を入れてください。

5つの点について注意書きがされていました。
大和冷機の冷蔵冷凍庫を持っている方は、是非一度確認して見てください。
スポンサーサイト
大和冷機工業の評判の新機能

大和冷機工業が販売している最新の製品には評判の新機能が採用されています。
それが、高断熱構造の省エネBOXです。

大和冷機工業が新開発した省エネBOXは、庫内の冷熱の庫外板金への伝道を遮断します。
また、庫内への熱侵入を防止する樹脂コーナーを各所に配備してます。
これにより冷却ロスを防ぎ、運転率の低減を実現しています。

さらに、大和冷機工業では「地球温暖化防止」「オゾン層保護」といった環境対策への取り組みも評判になっており、自然冷媒である「シクロペンタン」を発泡剤としたノンフロン断熱材を採用しています。

評判の冷熱機器の製造を行う大和冷機工業ならではの新機能といえるこれらは、これから多くの製品に採用されていくことでしょう。
大和冷機工業株式会社のインバータ制御について
前回のブログで少しだけ紹介した大和冷機工業のインバータ制御ですが、
今回はそのインバータ制御について紹介したいと思います。

省エネ製品の開発に力を入れている大和冷機工業では、
インバータ制御を採用した製品がたくさんあります。

中でも、大和冷機工業の一部の最新製品に搭載されているのがトリプルインバータです。
圧縮機と庫内ファン・凝縮機ファンの3つをインバータ制御することにより、
消費電力の大幅削減を実現しています。

トリプルインバータは、厨房用冷蔵庫・冷凍冷蔵庫・冷凍庫や、
コールドテーブル、店舗用冷凍・冷蔵ショーケースなど、
大和冷機工業多くの製品に搭載されています。

他にも大和冷機工業のコールドテーブルには省エネシリーズの製品等があります。
次回はその情報について紹介したいと思います。
大和冷機工業のショーケースには省エネガラスを採用
大和冷機工業のショーケースは省エネ効果の高いガラスを採用していると噂になっています。

そのガラスというのが、大和冷機工業が開発したNHガラスです。
このNHガラスは、赤外線を反射させることで透明性と断熱性を発揮しています。
また紫外線をカットするため、色褪せや品質劣化などを防ぐことができます。

そんなNHガラスを採用した大和冷機工業のショーケースには多くのラインナップがあり、
用途やスペースに応じた製品を選ぶ事が出来ます。

その中でも大和冷機工業のこだわりの製品がインバータ制御のショーケースです。

大和冷機工業では多くの製品にインバータ制御を採用しています。
インバータ制御により、省エネと静音性の効果を得ることができるため、評判の製品になっています。
copyright © 2016 業務用製品の魅力 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。